地下足袋力王


<< Vol.2へ 農事便り vol.3 Vol.4へ>>


<野菜種の蒔き方>
 土つくりの準備ができましたら、今月末から来月にかけては秋野菜の種まきです。秋野菜の典型的なものとしては、大根、蕪、玉葱などの根もの、白菜、ほうれん草、小松菜、春菊、水菜、キャベツなどの葉もの、ブロッコリ、芽キャベツなどの実もの等々多くの種類があります。種は、信用のおける種屋・種苗メーカーなどから買い求めるのが得策です。何といっても、野菜は土・種・天候がベースで、これに皆さんの世話が肝心ですから。
 畑に種を蒔くときは、元肥を施した畑の表面を平らにした上で、直線の浅い溝を60〜70cm間隔に平行に掘ってここに種を蒔きます。ただし、種によって蒔き方が違いますので気をつけてください。直線の溝を掘るのには、鍬やレーキ(棒の先端に熊手に似た金属部を有するもの)といわれる農具を使うと便利です。

・大根、白菜 ・・・・・・・点蒔き(数cm四方の浅い溝に5〜6粒蒔く)
・ほうれん草、春菊、水菜その他多くの葉物野菜・・筋蒔き(数cm間隔の浅い筋状の長い溝に点々と蒔く)
・キャベツ、ブロッコリ・・50〜60cm四方の畑地に、浅い溝を点々と蒔き、本葉2〜3枚になったら30〜40cm間隔に定植する。園芸店で苗を求めることもできる)

種を蒔いた後は、土を押さえたっぷりとジョーロで水を撒きます。(このときに肥料はやらない)

 種まきに際しては、整地、溝堀り、畝たて、種まきと身体を大きく動かしたり、細かい手作業をする際に、機能的に動けるため、地下たびを履くと、能率よく正確な作業ができます。


かぼちゃ雄花 かぼちゃ雌花
季節の野菜の花:かぼちゃの写真
(左:雄花 右:雌花)

 <写真の説明>
 
かぼちゃはアメリカ大陸が原産で、日本には天文年間にポルトガル人がカンボジアから持ち込んだとのこと。ビタミンAを豊富に含む野菜で、家庭料理には欠かせません。
この花は前回のズッキーニと同様、雄花と雌花があり、右側の雌花の元には丸い幼果が着いており、左側の雄花と交配して結実します。害虫や病気に強いため家庭菜園で育てると、盛夏から秋口にかけて緑の濃い立派な実となり、茎と実を繋ぐ部分に黄茶色の縦筋が入ったら、収穫します。
S生


<< Vol.2へ Vol.4へ>>

Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5 Vol.6 Vol.7 Vol.8 Vol.9 Vol.10
Vol.11 Vol.12 Vol.13 Vol.14 Vol.15 Vol.16 Vol.17 Vol.18 Vol.19 Vol.20
Vol.21 Vol.22 Vol.23


COPYRIGHT(C) 2002 RIKIO co., Ltd. All rights reserved. /無断転用・転載を禁ず。