地下足袋力王


<< Vol.18へ

農事便り vol.19

Vol.20へ>>



「エンドウマメ」について
 原産地が地中海沿岸地方といわれるエンドウマメは、ツターンカーメンの墓からも種が発掘され、現在でもその種が受け継がれて子孫が残っているようです。
 この野菜は、仲間が多く、若莢を食べる「キヌサヤ」、実を食べる「グリーンピース」、莢と実を食べる「スナップエンにドウ」があります。また、多くはスイートピーに似た可愛らしい白い花をつけますが、紫色の花もあります。
 一般地ではいずれも前年の秋に種をまき、小さい苗の状態で越冬させて育てます。(小シリーズの「農事便りVOL.8」の写真参照)
 越冬して3〜4月にかけて徐々に茎が伸びてきたら、株周りに少量の追肥を施し土寄せします。そして支柱を立てネットを張って茎を誘引するか、竹の小枝を立てたりして誘引して育てると、写真Aのように花を咲かせ、実が付きます。なお豆科の野菜は、根にできる“根粒菌”によって窒素分を固定する働きがあるので、肥料分はほとんど不要です。
 このエンドウマメのうち、鞘を食べる「キヌサヤ」などは、さやの中の実が小さいうちに収穫し、さっと茹でてサラダやおしたしにしたり、卵とじ、野菜炒め、味噌汁やお吸い物にすると、“春の味”を存分に楽しむことがでます。
 グリーンピースは、鞘の中実が大きくなり、硬くなる直前に収穫し、実を取り出して食します。
 スナップエンドウは、さやも実も食べることができるので、さやと実の成長に合わせて食することができます。
 最近では、エンドウマメの幼い苗の部分を「豆苗(トウミョウ)」として中華料理の材料として用いられるようにっており、これに適した種も売られています。


写真A(支柱によって支えられている状態)

写真B(エンドウの白い花)
写真C(エンドウの紫の花)

S生


<< Vol.18へ

Vol.20へ>>


Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5 Vol.6 Vol.7 Vol.8 Vol.9 Vol.10
Vol.11 Vol.12 Vol.13 Vol.14 Vol.15 Vol.16 Vol.17 Vol.18 Vol.19 Vol.20
Vol.21 Vol.22 Vol.23


COPYRIGHT(C) 2002 RIKIO co., Ltd. All rights reserved. /無断転用・転載を禁ず。