地下足袋力王


<< Vol.14へ

農事便り vol.15

<Vol.16へ>>



「ブロッコリー」の収穫
 秋から冬にかけて収穫されるブロッコリーは、キャベツと同様アブラナ科の野菜で、カリフラワー(乳白色のつぼみ)とは兄弟分となります。
 近年ブロッコリーは、ビタミンや鉄分などが豊富なため健康食材としてクローズアップされ、消費が大幅に伸びています。この野菜は、カリフラワーと同じく丸く育ったつぼみ(花蕾といいます)と茎を食するものです。
 大きく育ちキャベツの外葉のように広げた葉の中心に、まず小さいつぼみがつき始めますが(写真A参照)、2週間くらい経ってくるとこのつぼみが徐々に大きくなり、ソフトボール大くらいになります。(写真B参照)これを茎の下方から切り取り収穫します。
 切り取ったつぼみの周囲には、小さいつぼみを頭につけた茎が数本残りますが(写真C参照)、この茎が5〜6cmくらいに育ったら、これも切り取って食することができます。この茎部分の栄養価も高いため、最近は小さなつぼみを頭につけた茎(写真Cと同様)を、多数長く伸ばし林立させた状態に育てたスティックブロッコリーも人気になっているようです。


写真A

写真B

写真C


S生


<< Vol.14へ

<Vol.16へ>>


Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5 Vol.6 Vol.7 Vol.8 Vol.9 Vol.10
Vol.11 Vol.12 Vol.13 Vol.14 Vol.15 Vol.16 Vol.17 Vol.18 Vol.19 Vol.20
Vol.21 Vol.22 Vol.23


COPYRIGHT(C) 2002 RIKIO co., Ltd. All rights reserved. /無断転用・転載を禁ず。